オンラインショップをしていると、毎日のように営業の電話がかかってきます。それはそれはもう「しつこい」ぐらいに。

その殆どが、リスティング広告かSEOの営業なんですが、正直良いイメージは全く有りません。以前リスティング広告の代行会社が営業してきたんですが、電話してきた女性に「うちは月に数万円しかリスティング広告していないから、商売にならないよ」と告げると、そんなのリスティング広告じゃないと言われました。彼女曰く、月に20万から30万程度かけないとリスティング広告じゃないそうです。なんじゃそりゃ。呆れてものが言えなかったのを覚えています。

SEOに関して言えば、電話してきた会社が「SEO」の検索ワードの上位表示されていないというやる気があるのかないのかわからない会社も多く、もう如何に早く何も知らない顧客を騙せるかのスピード競争に思えてきました。

と、まあ愚痴で終わってしまいそうなので、本題に入ります。

SEOは皆さんも御存知のとおり、検索ワードに対して如何に上位に自分のホームページを表示させるかの対策を指します。厳密に言うとSEO対策というのが正しいでしょうが、まあSEOで良いと思います。で、様々な企業がGoogleやYahoo!で上位表示させることが出来るから、お金を下さいというビジネスを始めたわけですが、その方法論は物凄い短いスパンで変化していきます。

外部リンクが多ければいいといわれれば、意味もないサイトを大量に作成しリンクしたり、ページ数が多いほうがいいといわれれば、無意味なページを自社サイト内に大量に作成したりした時代もありました。しかし、検索エンジン側から考えれば、こういった状況(SEOが商売になり得る状況)は決して良いはずはありません。自分たちのサービスが第三者にコントロールされるわけですから。あくまで検索エンジンとしては、如何に公平に平等な情報を提供するかが大きな課題となります。そこで、意図的なSEO対策を極力排除するアルゴリズムの開発が必要となるわけです。で、最近ではサイトの充実度に重点を置くようなり、それによりSEO会社がコントロールしづらいようにアルゴリズムを変更してきたように思います。

そうなってくるとSEO会社は全く違ったアプローチで営業をしてきます。これまで外部対策で順位を上げることが出来ていたものが、内部対策重視になってきたのですから当然といえば当然です。で、今度はブログを代わりに書きますよとか、ブログの内容を一緒に考えましょうなんて訳の分からない営業になるわけです。もうこうなったらSEO対策なのかコンサルティングなのかホームページ制作なのか良くわかりません。

オンラインショップの成功は、様々な要因が絡んでいます。それぞれの店舗でそれを理解するには非常に大きな労力と経験が必要になります。SEO対策が出来ているに越したことはありませんが、それは営業の1部に過ぎず、例えそれが無くても十分に商売として成り立つ可能性はあるのです。すくなくとも弊社が運営しているサイトは成功しています。

結論としてはSEO対策ということに必要以上に振り回されず、様々な要因の一部として考える程度が調度良いと思ったほうがいいのでは、と思う今日この頃なのでした。